骨粗鬆症は年齢を重ねてから起こりやすい骨の病気|予防で健康ライフ

病院

強い骨を作るための心掛け

女性

骨粗鬆症は高齢になってから発症しやすい病気で、高齢化が進む日本では増加傾向にあります。骨が脆くスカスカになることで強度が低下し、少しの衝撃でも折れやすくなります。骨折から日常生活に支障をきたすことも多々あり、寝たきりになってしまうこともあります。長生きしても元気に体を動かせるように、若いうちから骨粗鬆症の予防に努める必要があります。特に、骨量は20歳前をピークに減少していくものであり、日常生活から意識を変えることが大切です。骨粗鬆症の予防には、食事や運動で骨を強くすることが有効です。現在の日本人はカルシウムが不足する傾向にあり、食事から意識的に摂り入れるようにします。カルシウムの吸収を助けるビタミンDも重要です。また、運動不足も骨が弱くなる原因です。適度な運動で骨に負荷をかけることで、骨を形成する細胞を活性化することができるため、骨粗鬆症を予防することができます。

骨は一度形成されたら変化しないように思えますが、実は新陳代謝を繰り返しています。古くなった骨は破骨細胞により溶かされ、血中にカルシウムが溶けだします。また、溶けた部分を補うため、骨芽細胞により新たにカルシウムがくっついて新しい骨が形成されます。この新陳代謝のバランスが崩れると、溶けた部分を補うことが出来なくなるため骨が弱くなります。このため、カルシウムを十分に摂取して不足させないことが重要なのです。他にも、いまは専門外来を設けている病院もあるので、そこで悪化を予防することも可能です。また骨粗鬆症と診断された場合は、病院で薬物療法などで治療を進めていく必要があります。またカルシウムやビタミンDなどが骨粗鬆症において重要ですが、そういった食事の面での指導も病院では行なってくれます。

体に負担がかかります

病棟

眠っている間に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群を発症すると、体の酸素が不足し負担がかかります。原因となっている寝る前の飲酒や喫煙、太りすぎには気をつけましょう。そして寝る時の姿勢などを工夫することで予防出来るので知っておくと良いです。

読んでみよう

樹状細胞を活用した癌治療

看護師

体内は細胞からできており、日々の細胞分裂が行われ新しい細胞が生まれています。ですが、様々な要因で悪性の細胞が発生し、それががん細胞となり病を引き起こします。がんは進行すると治療が困難になり、その時に免疫細胞療法の1つである樹状細胞療法を用いて治療が行われます。

読んでみよう

子供のための病院

医者

伊丹にある小児科の人気の理由は、子供の病気をただ単に治すだけでなく親の不安な気持ちもなくしてくれるため人気です。今後少子化で小児科の数は減っていくかもしれませんが、医学の進歩によって今まで治らなかったものが治るようになることでしょう。

読んでみよう